鹿児島県の住宅リフォーム・太陽光発電に関する情報発信中。お客様の安心を形に鹿児島リフォームなら川畑瓦工業へお任せ下さい。

お電話でのご相談 0120-884-854
メールでご相談

正社員・瓦工作業員募集
ありがとうございます!
 
昨年度のお見積もり件数が
300件になりました。
いつも熱血瓦屋社長日記!
目的別リフォーム
屋根 屋根

屋根診断士がご提案する屋根リフォーム。桜島の降灰対策にも重要です。

キッチン キッチン

機能性とデザイン性を融合したキッチンスタイルをご提案。

外壁 外壁

癒しのデザインと防犯性を兼ね備えた外壁リフォーム。

浴室 浴室

1日の疲れを癒す空間創り、使いやすさと安全面を設計した浴室リフォーム。

雨樋 雨樋

桜島降灰対策や落ち葉処理まで、こだわり材質と設計。

トイレ・洗面所 トイレ・洗面所

毎日使うところだから、お年寄りでも安心な設計と機能性を両立。

エクステリア エクステリア

門まわりや庭まわりなど、住む人のスタイルに合わせてトータルコーディネート。

オール電化 オール電化

太陽光発電、断熱、床暖房で高齢者も安心オール電化リフォーム。

代表メッセージ
株式会社川畑瓦工業
代表取締役
川畑 博海

代表メッセージ
スタッフ紹介
木下常務兼工場長

フォークリフト運転技能士
フォークリフト機体重量が1t未満運転技能士
小型移動式クレーン運転技能士
移動式クレーン技能士
巻上げ機の運転者特別教育

藤山工事部部長

かわらぶき一級技能士
石綿作業主任者技能士
玉掛け

スタッフ紹介

全国瓦工事業連盟加盟店
全国瓦工事業連盟加盟店
リフォームお役立ち情報
相互リンク・関連リンク

ホームリフォーム > トイレ・洗面所

トイレ・洗面所リフォーム

お年寄りも安心 トイレ・洗面所リフォーム

トイレの回数が多くなるので、寝室の近くにトイレを配置してあれば、寒い冬場や深夜でも移動が楽で安心です。足腰が弱くなった高齢者には、畳に布団を敷くよりもベッドを使用したほうが動作が楽になります。

ローシルエット一体型便器
【ローシルエット一体型便器】
便器は汚れが付着しにくく、清掃しやすい形状です。直接給水方式はタンクへの給水がないので、寝室の近くに設置しても音が気になりません。

トイレ用手洗器
【トイレ用手洗器】
最近は便器と手洗器を別々に設置するお客様が多く、既存のトイレに設置可能な手洗器を多数ご用意しています。リフォームで910×1365mm(芯々)のスペースにも手洗器と便器が設置できます。手洗器は手洗い時の水撥ねが少ない立ち上がりのあるタイプをお勧めします。
※取り付けには配線工事が必要です。

洗浄機能付き便座
【洗浄機能付き便座】
取り外して清掃できるので衛生的です。
節電・節水タイプもあります。脱臭機能は家族や来客時にも好評です。

 



Point1トイレの広さってどれくらいあればいいの?

多くの場合、忘れられがちなのがトイレです。しかしながら、トイレは毎日みんなが使う場所ですので、少しでも広いスペースを取りたいところです。
具体的に言うと、最低でもトイレの広さは、 135cm×90cm は欲しいのが実状です。また、出入り口も最低でも60cm が必要になります。

Point2年を取って足腰が弱くなり、トイレが怖い

トイレを一人で自立して行うことは、人間としての尊厳を守る大きなポイントになります。
ですから、例え歩行が困難になっても、手すりを効果的に付けるなどして、つたえ歩きでも、一人で用を足せるようにしておきましょう。

Point3トイレの最新機能ってどんなのあるの?

トイレの最新機能は、タンクレスであったり、乾燥機能や自動フラッシュが挙げられます。タンクレストイレは手を洗うスペースを取り払った、見た目がシンプルなトイレです。
それに加えて、高齢者にとって便利な用を足した後の乾燥機能や、自動で水が流れる機能などが最新機能として挙げられます。

Point4トイレのインテリアについて?

トイレは他の場所より長く居る事の無いスペースです。ですから、少し冒険に出てみたり、もしくは他よりスペースが狭い分、少し凝った内装にしてみるのも楽しいでしょう。
トイレだけはオシャレなカフェの様な居空間にしてみるなどの工夫も面白いですね。

トイレの手摺設置

手摺を設置すれば、立ち座りの負担が軽くなります。

工事中の仮設はどの程度準備頂けますか?

トイレとお風呂に関しては仮設用トイレと仮設用ユニットバスを持ってきますよ。
キッチンについては縁側や掃出し窓のある場所を利用してコンパネとシートで囲いを作り流し台を設置します。
洗濯機も仮設流し台あたりか設置できる場所に仮設します。
洗面化粧台は流し台と兼用していただく場合はほとんどです。
しばらくの間は不便ですがしばしリフォーム期間を楽しみましょう!

高齢者に配慮したトイレにするには?

まず、和式トイレの場合は洋式トイレへの改修をおすすめします。
壁には立ち座りを補助する手すりを取付し、入口は引き戸で、敷居の高さもつまづかない様段差を無くし、入ると明りと換気扇が自動で付き、自動的に消えるような機能にし、便座は自動的にフタが開き、立ちあがると自動洗浄する機能など便利な商品を選択します。
他にも便座が昇降するタイプのものもあります。また、トイレの床が廊下より下がっている場合はかさ上げして段差を無くします。

洗面所

カビが発生しないようにリフォームできますか?

小さな洗面ボウルは水が飛び散りやすく、洗顔時は腕からひじを伝って水が床にこぼれることもあります。もし、小型の洗面 ボウルを使っているなら、大きめで深型のものに取り替えられることをお勧めします。また、周辺の壁材や、床材を水に強いものにすることをお勧めしています。少し費用が上がりますが、カビで悩むことを考えると断然お得です。

洗面所は、パウダールーム・脱衣スペース・家事スペース3つの役割を持っています。それぞれの、役割を上手く活かせるように設計の段階で、リフォーム業者と納得いくまで打ち合わせをすることが大切です。特に気をつけたいのが、水に強い内装素材を使用することです。洗顔時など、水が飛び散る事と、脱衣スペースとして使われる時には、洗面所は身体が濡れたまま、そして裸で居る場所だということも忘れないようにしましょう。

屋根 外壁 雨どい エクステリア オール電化 キッチン 浴室 トイレ・洗面所


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kawabatakawara.co.jp/mt/mt-tb.cgi/38


メールでのお問い合わせはこちら
無料相談はこちら
無料相談はこちらから

電話からお問合せ

メールからお問合せ

Copyright (c)2012 株式会社川畑瓦工業 All Rights Reserved.

?