鹿児島県の住宅リフォーム・太陽光発電に関する情報発信中。お客様の安心を形に鹿児島リフォームなら川畑瓦工業へお任せ下さい。

お電話でのご相談 0120-884-854
メールでご相談

正社員・瓦工作業員募集
ありがとうございます!
 
昨年度のお見積もり件数が
300件になりました。
いつも熱血瓦屋社長日記!
目的別リフォーム
屋根 屋根

屋根診断士がご提案する屋根リフォーム。桜島の降灰対策にも重要です。

キッチン キッチン

機能性とデザイン性を融合したキッチンスタイルをご提案。

外壁 外壁

癒しのデザインと防犯性を兼ね備えた外壁リフォーム。

浴室 浴室

1日の疲れを癒す空間創り、使いやすさと安全面を設計した浴室リフォーム。

雨樋 雨樋

桜島降灰対策や落ち葉処理まで、こだわり材質と設計。

トイレ・洗面所 トイレ・洗面所

毎日使うところだから、お年寄りでも安心な設計と機能性を両立。

エクステリア エクステリア

門まわりや庭まわりなど、住む人のスタイルに合わせてトータルコーディネート。

オール電化 オール電化

太陽光発電、断熱、床暖房で高齢者も安心オール電化リフォーム。

代表メッセージ
株式会社川畑瓦工業
代表取締役
川畑 博海

代表メッセージ
スタッフ紹介
木下常務兼工場長

フォークリフト運転技能士
フォークリフト機体重量が1t未満運転技能士
小型移動式クレーン運転技能士
移動式クレーン技能士
巻上げ機の運転者特別教育

藤山工事部部長

かわらぶき一級技能士
石綿作業主任者技能士
玉掛け

スタッフ紹介

全国瓦工事業連盟加盟店
全国瓦工事業連盟加盟店
国土交通大臣登録団体会員
リフォームお役立ち情報
相互リンク・関連リンク

ホーム屋根屋根材について > いぶし瓦

いぶし瓦

代表的な瓦

いぶしと呼ばれる燻化を行い渋い銀色の光沢を持つ

いぶし瓦

代表的な瓦。いぶしと呼ばれる燻化を行い渋い銀色の光沢を持っています。
銀色瓦、黒瓦とも呼ばれ、いぶし銀のような色とつやをした瓦です。焼成の最後の段階で燻化し、瓦の表面に炭素の微粉をつきさすように付着させたものです。
以前はだるま窯を使い、200から250℃で「あぶり」として10時間、さらに550から700℃で「中だき」として6時間、850から1000℃で「本だき」として2時間、同じ温度で2時間の「練らしだき」を行っています。この段階で煙出し穴を閉じて、松薪、松葉などを入れて焚き口など全てを閉めて燻しを始めます。炭素と水分が化合して炭化水素となり、瓦の表面に付着ます。
現在では重油のトンネル窯を改良した還元窯により、燻し瓦も大量生産されています。

いぶし瓦画像

瓦の標準スペック(J形いぶし瓦の場合) ●長さ/305mm
●幅/305mm
●働き寸法/長さ=235mm・幅=265mm
●許容差/±4mm
●谷の深さ(山の高さ)/35mm以上
●3.3平米あたりのふき枚数(概数)/53枚
●3.3平米あたりのふき重量(kg)/約143kg

いぶし瓦は釉薬を使わず、焼成したあとに空気を完全に遮断、「むし焼き」にする燻化工程が特徴です。このときLPGなどで素地表面に銀色の炭素膜を形成させます。
釉薬を用いず、素焼きにしたり、金属酸化物を原料に練り込んだり、窯内の雰囲気を酸化、還元などコントロールすることで独特の窯変色を出す瓦は、いぶし瓦と同じ無釉系でも燻化工程がなく、無釉瓦として区別します。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kawabatakawara.co.jp/mt/mt-tb.cgi/21


メールでのお問い合わせはこちら
無料相談はこちら
無料相談はこちらから

電話からお問合せ

メールからお問合せ

Copyright (c)2012 株式会社川畑瓦工業 All Rights Reserved.

?