トップページ > 屋根工事・瓦の葺き替え > 雨といリフォームについて

雨といリフォームについて

我が家を雨から守る雨といリフォーム

目立たなくても住まいを守る大切な部分、それが「雨とい」です。
普段、当たり前のような存在でなかなか目立たない雨といですが、とても大切な役割を持っています。雨といがない(壊れている)と屋根から流れてきた雨が地面に落ち、基礎、土台、外壁に跳ね返り、サビ、腐食をおこしてしまいます。また破損していると雨漏りの原因になったり、夜も眠れない音を立てたりとやっかいなことに。雨といは屋根と同様、雨から家を守るための必要な部位なのです。

雨といリフォームについて

 

雨とい選びのポイント

  • Point.1

    雨といに雨が入らない。

    雨といが内側に入りすぎているか下がりすぎているのが原因です。この原因としては、

    1. 最初の施工が悪く、屋根から流れてくる雨水の勢いを計算に入れずに取り付けた。
    2. 火山灰の重みで軒樋の受金具が曲がっていたり、老朽化のため破損し樋が下がっている。

    ※雨どいにも寿命があります。大きくたわんだ場合や割れが大きい場合、垂れ下りが大きい場合などは交換の時期にきています。この様な時には、専門家に見てもらい原因をしっかり究明し、処置をすることをお勧めします。

  • Point.2

    雨といは、屋根の全体につけないといけないの?

    垂水では桜島の火山灰が大量に降るため、雨といに火山灰が溜まることがよくあります。このため、屋根の全体に雨といをつけるのではなく、玄関や勝手口、また、雨の時どうしても濡れずに出入りする必要があるところだけつけることもいいでしょう。

    point2

  • Point.3

    家のタイプやデザイン、雨水の量などからといを選ぼう。

    今では、いろいろな色や形状の雨といがあります。 サイズも様々なものがありますので、豊富なバリエーションから選べます。

    point3

初めてのリフォーム川畑瓦工業についてリフォーム費用のこと
トップへ戻る